SOARER-ISM

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告

アクアライン経由で湘南&宮前平へドライブ。

今日は早起きをして、午前中に湘南へ到着のつもりが…
起きたら普通に8時半を回ってました…。

関西風のお雑煮を食べた昨日に続き、
今日は関東風のお雑煮を食べる。
それから準備を整えると、泊まっていたtomoを
ご実家へと送り届けつつ出発。
セルボでも良かったのだけれども、神奈川県内で
迷子になる可能性があるので、G-LINK付HDDナビ装着のクラウンを借用。
A/Tソアラに乗っていたときは、HDDナビを付けていたので
こういうときも不便しなかったんですけれどね。
音量もちょうど良くて、トータルバランスの良かった車だったなぁ…。

tomoを送り届けると、いざ湘南方面へ。
一般道のみでアクアラインまで向かっても良かったのだが、
約束している相手もおり、朝寝坊もしていたので
具体的な時間の約束はしていないまでも、高速を利用して向かった。

都内へ向かう方向は、案の定この時間帯になると渋滞。
少しその影響を受けながらも、逆方向へと進み渋滞知らず。
それでも交通量は普段よりも明らかに多かったですけれども。

つい先日、逆方向から走ってきた高速道路を南下。
途中、トイレ休憩とクラウンの給油の為に市原SAにピットイン。
するとSAには、バリバリな方々がツーリング中の休憩をしていたようで
大変賑やかになっており、いかにも正月の風景ですな。
メロディホーン(!?)が鳴ったりしておりました…。汗

ここのスタンドはセルフだったのが嬉しい。
人にやってもらうより、給油は自分での方が俺は好きなので。
しかし、ソアラを彷彿とさせる大食い振りですなクラウン。
最近はセルボの給油ばかりしていたので、どんどんガソリンが入る
タンク容量にドキドキ。笑

アクアラインから望むMM21と富士山

給油を終えてSAを出ると、青空の気持ち良い中を
木更津JCTからアクアラインへ。
アクア連絡道を駆け抜け、アクアラインの橋梁部へと入ると
正月で都内などの排気ガスが少なく、空気が澄んでいるのでしょうか
いつも以上にクッキリと良い景色でした。
幕張メッセ、お台場、MM21、さらにはその奥に富士山もクリアに見渡せました。
これにはテンションがあがってしまいます。

アクアライン

急いでいたので、海ほたるPAには寄らずにそのままトンネルへ。
いつもはガラガラのトンネルも、ETC社会実験の割引と
正月の影響か台数が多めでした。

川崎浮島JCT

アクアラインのトンネルを抜けると川崎浮島JCTから湾岸線へ。
川崎航路トンネルを抜け、扇島へと抜けると
さらに富士山が近くになってきて右前方に見えてきた。

扇島付近から富士山を望む

一昨年の正月も湘南方面にA/Tソアラを走らせていたけれども、
あのときはK1 羽田線を走っているとき、だんだん大きく近づく富士山に感激したが、
今日はそのときよりも、ちょっと富士山の山頂付近にかかる雲が多めかな…。

ベイブリッジから望むMM21と富士山

鶴見つばさ橋、横浜ベイブリッジからは
MM21のビル郡と富士山の組合せがクリアに望めたし、
青く輝く東京湾もキレイで、気分高揚。

三渓園

本牧JCTを直進し右手には三渓園が見えてきた。
このあたりから先の雰囲気が結構好きだけれども、
こちら側から湘南へアクセスするのは、何気に初めて。
(帰り道にいつも使っていたルートなので)
昼間に通るのも初めてなので、景色が新鮮に感じます。

湾岸線

横浜横須賀道路へと入ると、朝比奈ICで高速を降りる。
すると出口でいきなりの渋滞。
まぁ、正月なので当然ですよね。
恐らく鶴岡八幡宮へ初詣に向かう車が多いのかな…。

朝比奈IC出口の渋滞

IC出口の渋滞から抜けると、峠越えの道へと入るが
対向車線はズラーッと渋滞。
いつも夜中に走る事が多い山道なだけに
この交通量が信じられない気分。

そして峠を越えて坂を下っていくと、途中の信号で
警察官が立っていて交通規制で迂回させられる。
鶴岡八幡宮の周辺は交通規制が敷かれているようだ。

鶴岡八幡宮付近は通行規制されていた

ナビもVICS情報を拾っていて、交通規制をかわすように
迂回ルートを案内していた。
こりゃナビ無しの車で来ていたら、完全に俺は道に迷っちゃってましたね…。

前に見えてきた横須賀線

そして逗子の方へと遠回りをして向かう。
前方には横須賀線が走り抜けるのが見えてきて、
一度、列車でこちらの方へ小旅行してみたい私は
それを見て「いいなぁ、電車でも来てみたいなぁ」と思ったり。
春なんか良さそう。
道沿いの桜なんかが花をつける中、
走る列車から春爛漫の車窓を満喫してみたいです。

逗子駅付近

踏切を渡って逗子駅付近の市街地を走るが、
このとき変則的な交差点で、ナビの案内図が
どちらを指しているのかよくわからず、誤った方向に迷い込むと
ひどく渋滞している商店街へと迷い込んでしまった。

ようやくそれを抜け、音声案内通りに従って走っていくと
軌道修正しているのかなと思いきや「あれ!?」。
なんかデジャヴを感じるのですが。笑
ナビをあらためて確認をするとスパイラル状態やん!
これ、かつてA/Tソアラのナビに従って
手賀沼リゾート満天の湯に向かおうとしたときと同じ現象。
クラウンの純正HDDナビもこの現象が起きてしまうとは…。
いち早くその異変に気付き、ナビの画面で地図を確認し
ナビの案内を無視して自分の勘で走る。

するとようやく、ぐるぐるスパイライルの
案内からは抜け出す事が出来たが、交通規制をかわす為に
抜ける道は狭く、「対向車が来ちゃったらどうするの?」って感じ。
そう思っていた傍から何台か対向車が来てしまったのだから
「セルボだったらもっと楽だったのになぁ…」なんて思ったり。

由比ガ浜付近の海

そして細い路地を抜けると、目の前には青く輝く海が広がった。
これに一気にテンションアップ。
しかも道が混んでいるかなと思ったら、意外と対向車線は渋滞していたけれど
こちら側は比較的に流れていて走りやすかったし。

トンネルを抜けた先に広がる海原

湘南の海沿いを走り、トンネルを抜けると広がる海原。
その先に望む江ノ島と富士山の協演、
澄んだ空と波がきらめく海のコントラストも美しい。

澄んだ青空とコバルトに輝く海のコントラストが美しい

江ノ島と富士山の協演

そのシチュエーションに華を添える
時折に横を走っていく江ノ電は満員状態のようでした。

満員の江ノ電

ナビの予想到着時刻から取り返しつつあったが、
逗子市内のタイムロスにより、友人との待ち合わせ場所に到着したのは
当初のナビ予想到着時刻の通り。
予め友人に知らせていた到着予想時刻に遅れこそなく着いたが、
当初、午前中から遊ぼうと話していたのに午後到着になってしまいました…。汗

お迎えにあがると、お土産とお年賀を頂戴してしまいました。
ありがたや。
俺、地元の土産を持たず、手ぶらで来ちゃったんですけれど…。汗

本当は鶴岡八幡宮の近くにある『水晶コレクション 揺堂』という所へ行き、
占いでみてもらいたい事があったのだけれども、
鶴岡八幡宮付近が交通規制されており、車でアクセス出来ない事と
もし行っても初詣の参拝客が多くて、
混んでいるのではないかと思い今日は見送る事に。

時間も既に午後になっていたので、ナビの目的地を
友人と一緒に行く約束をしていた
『宮前平 源泉 湯けむりの庄』に設定し走り始める。
友人が「あ!温泉の本、持ってくるの忘れちゃった」。
まぁ、今回は目的地が決まっていたので
またの機会に神奈川県内の温泉情報を
見せてもらうことにしました。

正月休みとあって、新江ノ島水族館に入る車で渋滞が目立つ。
ここは前々から興味あったけれども、
こないだまで放送していたドラマ『流れ星』を見てからは
余計に行ってみたくなった水族館。
いつか平日休みが取れれば来てみたいものですが…。

ナビの案内はどうやら逆方向の気がしたが
交通規制や渋滞をかわす為の迂回ルートなのかなと思い
素直にナビに従って走っていく。

すると見覚えのあるビルが前方に見えてきた。
いつも東名高速を走っているときに、厚木IC付近で見えてくるビル。
それを見て、自分の今いる位置を把握。
まぁ、ナビを見ればすぐわかることですが…。

どこかで昼食を摂るつもりで走らせてましたが、
このあたりで沿道に見えてきたデニーズに入る。
ちょっとだけ時間がずれていたからでしょうか、
入店時は満席でしたが、席についたあたりから
次第に客が引き始めて、ある意味タイミング良かったかも。

食事をして、デザートを食べて、コーヒー飲んで
普通に喋ってゆっくりしていたら、気付けば時計の針は16時を回っていた。
時間が無くなってしまうので、店を出ることに。

そして片側2車線の道を走っているときに出た話題は、
「前に万葉倶楽部のタンクローリーを見つけて写真撮ってたよね!」という話題。
「どんだけ温泉マニアなんだよ!」という笑い話をしてました。
たしかに俺はスパメンですからね…。

途中、BOOK OFFに立ち寄り。
ここでDVD、CD、本を見るが、¥105の中古CDコーナーがあったので
その中から何枚か選んで購入。
俺はちょっと懐かしい華原朋美のアルバム『LOVE BRACE』を購入。
この頃の華原朋美の曲は好きですね。

早速クラウンのHDDに録音しながら聴く。
「懐かしい~、私が中学生の頃を思い出すなぁ」とのセリフに
「あ、俺は高校生だったけれど…」。
弱ジェネレーションギャップを感じてしまいました。汗

ナビの目的地設定は変えていなかったが、
なぜか今度は逆方向へと案内するナビ。
どうやら夕方になり交通状況が変化して、それに適応すべく
導いているルートなのであろう。

厚木ICから渋滞する高速にあがれという指示だったが
ナビの言う通りに従い、高速へと入る。
混んでいる方向に入るのに抵抗を感じて
俺は「名古屋方面へ行っちゃう!?」とか悪い冗談。
「明日も休みだし温泉行っちゃうか」とか二人して言ってました。

でもそこはちゃんと目的地へと向かって走らせます。
海老名SA付近はいつも土日や行楽シーズンに渋滞してますよね。
まぁ、ある意味では正月気分を味わえた感じかな。

渋滞発生の名所、大和トンネルを過ぎると次第に流れは回復。
そのまま無意識に車を走らせると、地元に帰っちゃいそうだが
東名川崎ICで東名高速をおりて宮前平へ。

『宮前平 源泉 湯けむりの庄』の看板

『宮前平 源泉 湯けむりの庄』に到着すると、
駐車場入り口の時点で係員に
「現在、男性ロッカーが埋まっておりお待ち頂く状況ですが宜しいですか?」と
聞かれるほど混雑しているだけに、なるほど駐車場も
以前に来たときよりもいっぱいに埋まっていた。

『宮前平 源泉 湯けむりの庄』のエントランス

館内に入ると、既に人が沢山。
うーん、ちょっとゆっくりお風呂に入れないかもしれない!?
女性の方はすぐにお風呂に入れる様子だったので、
とりあえず19時45分にリクライニングシートで待ち合わせとして、
俺はロッカーの空き待ちの行列に並んだ。

最初は結構待つのかなと思ったら、一人が入れると
比較的に次々と中に入れて、10分くらいしか待たないで済んだ。
混雑こそしていたけれども、やっぱり浴室内に入ると
やっぱり雰囲気いいわ~、ここのお風呂。

混んでいたので全部は入れなかったけれども、
露天風呂では、たまたま空いた壺湯や寝湯も入れてラッキー。
以前に来たときは雨天だったので、ちょっと寝湯とか辛かったけれど
今日はゆっくりと堪能することが出来ました。
ぜひスパメンの茶太郎氏とも来てみたい風呂ですな。

風呂からあがり岩盤浴着に着替えると
予定通りの時間にリクライニングシートのある休憩室で
友人と合流するが、リクライニングシートは満席。
その後ろにあるベンチに腰掛けて、本を読んで一休み。

一息ついた後は、階段を降りて岩盤浴エリアへ。
こちらは多少は空いていたかな。
6種類の岩盤浴が楽しめるが、まずは入るのに予約が必要な『天』の
8時半からの回の予約を入れる。

そしてまず入ったのが『岩』。
砂利の方ではなく板の岩盤浴式の方を選び
予約を入れた『天』の集合時刻ギリギリまで、堪能しておりました。

集合時刻が近づくと、『天』の部屋の前へ。
係員がドアを開けて案内されると、俺は以前と同じあたりの寝床を選んだ。
前回に来たときは平日だったこともあってか、貸切状態でしたが
今日はさすがに他に何組かお客さんがいたので、
静かに私語は謹んで岩盤浴を堪能。

天井の光と、岩盤浴床の周囲から出てくる霧と光による演出、
それから8.1chの立体音響装置により、視覚と聴覚に幻想的な印象を与える岩盤浴。
俺は睡眠不足だったこともあり、何度も眠りそうになってしまったが
せっかく予約して入ったのだから、幻想的な演出を見ないと勿体無いとか思って
睡魔と闘いながら岩盤浴を堪能してました。
久し振りの岩盤浴だけれども、汗もよく出て冬なだけに気持ちいい。
しかし、立体音響装置から奏でられる音が『湯楽の里』の『楽蒸洞』とクリソツ。
最後の方でイルカの鳴き声みたいなのが聞こえてきたので
「あ、もうそろそろ終了の時間だな」と思っていたらビンゴ。
立体音響装置のプロデュースメーカー、同じなのかな!?

汗をたくさんかいた私達は、そのまま『天』の部屋を出ると
『氷』の部屋へ。
これは『ヒーリングヴィラ印西』の-2℃の霧サウナと同じようなものかな。
水風呂の代わりに入るような感じ。
前回、私達が来たときにはアイスマシーンが故障中で
氷がニョキニョキと出てくる演出がなかったけれども、
今回はちゃんとそれが動いていて、むしろどこまで伸びるんだよというくらいの
高さまでに氷がニョキニョキ伸びて、倒れたとき半端なく
派手に氷が周りに飛び散らかっていました。
すぐ近くに居たおじさんに直撃してたし…。汗

しばらくこの中にいると寒くなってきたので、
今度は超微粒子ナノスチーム使用の『潤』へ。
スチームサウナなので、息苦しくないし
温度もそんな高くないので、じんわりと汗を流せて俺はこれが好きかも。

『潤』を出ると、化石黄土を使用した『和』でくつろぐ。
ここはTVが設けられており、また雑誌も置かれているので
ゆっくりとポカポカ身体を暖めながらの休憩が出来る。
それで俺らが手にした雑誌がスイーツの本と日帰りスパの本。

スパの本は西日本が中心だったけれども、
俺が昨年の正月に行った兵庫県の『草山温泉 観音湯』や
愛知県の『ふれあい交流館 本宮の湯』も載っていたので嬉しかった。
友人も長野の温泉がいくつか載っていて教えてもらったり。

そうしているうちに眠くなってきたし、
なんだかテレビを見ていたりすると、動きたくなくなってきたが、
21時50分を回っていたので、最後に岩塩の敷かれた
『塩』で岩盤浴を満喫し22時を過ぎると、風呂に入ることに。

最後はゆっくりと温泉に浸かる事として
23時15分に待ち合わせとする事に。
2回目の入浴では、多少客も引いていて
(それでも混雑していましたが…)
ほぼ全ての湯に浸かる事が出来ました。

俺は入浴時間の大半を露天風呂の寝湯に浸かって過ごしました。
ずっと「あぁ、帰りたくないなぁ…」と思いながら。
久し振りに岩盤浴&長風呂を堪能しておりました。
でもサウナにまで入っちゃうと、
帰り道に眠気がさらに強まりそうな気がしたので、
前回来た時も入らなかったサウナは今回もパス。
ちょっと興味はあったんだけれどもね。
岩盤浴で十分に汗を流した後だし…。

待ち合わせ時間が近づき、風呂からあがるが
髪を乾かしているとき、鏡に映った顔を見ると肌に変化が。
温泉&岩盤浴で血色が良くなっておりました。

友人と合流すると、食事処のメニューをチェック。
個人的には、ししゃもの炙りが気になりました。
電車で来てお酒飲みたいかも…。

清算を終えてから、会員の入会申込み(¥100)しようかと思ったけれど、
俺が清算を終えた後、急に清算待ちの列が伸びていたので、
またの機会とする事に。
風呂屋の会員カードコレクションは、今回はお預けです。

クラウンに乗り込み、11時45分に出庫。
無料の5時間(¥3,000以上利用の為)ピッタリでした。汗

『宮前平 源泉 湯けむりの庄』を出るとサイゼに立ち寄る。
デニーズでかなりお腹一杯になっていたけれども、
温泉に入ったり、岩盤浴でカロリー消費したのか結構な空腹でした。

なのでドリアにハンバーグとガッツリ。
運転が無ければ、ワインも飲みたいところでしたが。笑

食事を終えると、友人を送り届ける。
途中、渋滞の名所、国道1号の原宿交差点の様子が変わっていて「あれ!?」。
以前A/Tソアラで走ったときは平面交差だったけれども、
トンネルを潜って交差点をパスするようになっていた。

さらにその先では今度はトラックが道を塞ぐようにして
複数台が絡む派手な事故現場が…。
車線規制されて対向車線を走らされたが、
滅茶苦茶に壊れたマーチがヤバそうな感じで、
ちょっと直視できませんでした…。汗

ライトアップされた江ノ島のタワー

友人を送り届けると帰路に着くが、
ちょっと湘南の海に浮かぶ、江ノ島の夜景を撮影したくなり
クラウンを止められる場所を見つけると、
外に降りてコンパクトデジカメでバルブ撮影。
ちょっと距離があって、昨年4月に上った
タワーのライトアップも小さくしか写ってないけれども。

夜の江ノ島

それから帰り道は、往路で通行が規制されていた
鶴岡八幡宮の前を通っていく。
すると鶴岡八幡宮はこの時間帯でも露店が出ており、
ライトアップもされていて参拝可能な様子。
さすが有名処は違うなぁと思いました。

深夜の鶴岡八幡宮

道路が空いていた事もあり、往路でのタイムロスが嘘のように
すんなりと朝比奈ICまで辿り着けました。

ここから横浜横須賀道路→湾岸線と走っていくが、
夜中だったこともあり、前にも後ろにも車がいない状態がしばらく続いた。
交通量が非常に少なかったので、クルコンを使用して走行。

ガラ空きの湾岸線

なんと、川崎浮島JCTまでクルコンを使ったまま走れる程、
交通量が少なくてスムースに走ることが出来ました。
このあたりの夜景もキレイでした。

横浜ベイブリッジから望む都内の夜景

特にベイブリッジの上から、都内の方を望むと
航空灯の赤い光がすごくキレイでした。
正月のせいか、暗いビルばかりで航空灯の赤い光ばかりなのが印象的でした。

川崎航路トンネル内

川崎浮島JCTまでやってくると、ここからアクアラインへと入る。
こちらも交通量は少なくガラガラ。
ここで以前まで無かった看板に目が行く。
『速度取締り中』と書かれた黄色い看板が新設されていた。
新山手トンネルのように、トンネル内にオービスを設けたのだろうか。
ちょっと注意深く見ながら走ってみたけれど、それらしきものは
見当たらなかったけれどなぁ…。ただのハッタリなのだろうか。
覆面による取締りはたしかに過去に見かけた事あるけれども…。

アクアラインのトンネルもガラ空き

トンネルを抜けると本線を直進。
帰り道も海ほたるPAに寄りませんでした。
サイゼで食事したばかりというのもあって。
ここで夜景を眺めながら、とんこつラーメンを食べるのが、
俺にとっては格別で好きなスポットなんですけれどね。
眠気が襲ってくる前に帰りたかったというのと、
過度に生活リズムを乱したくないという思いから、
立ち寄りたい気持ちを抑えて、寄り道はしませんでした。

塩カルの撒かれたアクアラインの橋梁部

トンネル内を走っていたときは、外気温表示が12℃とかありましたが、
橋梁部に抜けると、見る見るうちに外気温表示の温度が下がっていく。
路面にも塩カルが沢山撒かれてました。

木更津金田IC

木更津金田ICで高速を降りると、外気温は氷点下の表示に。
さらに広域農道を走っていると、氷点下3℃にまで下がってました。
そういえば昨年、年越しをお台場でした後
アクアラインを抜けて帰ってきたときも
氷点下2℃でしたね、このあたり。

外気温は-3℃まで下がっていた

まっすぐの道を走っていると、対向車もいなくて真っ暗。
上向きにライトをしても、その光がまるで闇に食われていくようでした。
そんな中、中央線の上の道路のど真ん中をチャリに乗ったおっさんが
無灯火で走っていたりするのだから超危険。
どんなトラップだよ!
はねられてもおかしくないよ…恐ろしや…。

ハイビームすら闇に掻き消される深夜の直線路

直線の道を走っていると、外気温の低さと
室内の温度差でA/Cを使用していても、時折
窓が曇り始めていたので、眠気を覚ますのを兼ねて
何度か窓を全開にして走ってみたり。
数分で一気に室内が寒くなりました。

こういうとき、40ソアラあたりでオープンにして走りたい。
足元とシートはポカポカ、頭はヒンヤリでドライブとか気持ちいい。
昔、冬の夜にロードスターを運転させてもらったとき、
冬の夜こそオープンだなと思ったものです。
一昨年、代車で借りたビートでも
冬の夜の風呂屋帰りにオープンで走ってたっけ…。

一般道の運転、ダルいかなぁと思っていたけれど、
往路で朝比奈~逗子あたりで渋滞にハマってばかりだったせいか
帰りの空いている一般道の走行は、むしろ気分が良かったです。
やっぱり深夜ドライブが好きなんだなぁ…俺。

そして自宅に到着したのが、am4時15分。
意外と思ったよりも早くに到着しましたね、
途中から一般道を使っても。

今日は1年半以上振りで『宮前平 源泉 湯けむりの庄』に
行く事が出来て良かったです。

あ…、そういえば占いどうしよう…。
まぁ、決断はしちゃったんで後押しが欲しいだけなんですけれどね。
あとは気をつける事とか…。

友人からのメール返信をいくつかしているうちに、
いつの間にか携帯を片手に布団の中で眠ってしまい、am5時頃に就寝。
なかなかの生活リズムの乱れっぷりです。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/02(日) |
  2. ドライブ

プロフィール

keigo t

Author:keigo t
Welcom to SOARER-ISM

SOARER-ISM
SOARER-ISM

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。